田んぼと菜の花

ようやく暖かい日が続くようになり、春らしくなってきました♪

この時期館山では、至る所で鮮やかな黄色の菜の花を見る事が出来ます。

菜の花駅2

千葉県の県花でもある菜の花ですが、車道などに植えられている観賞用の物以外にも

田植え前の田んぼや畑に、まとまって植えられている物もよく見かけます。

とても綺麗で癒されるのですが、その菜の花はしばらくすると刈られてしまいます。

その光景を見る度に、これは何のために植えられているのだろうと疑問に思っていまし

た。いい機会なので、調べてみました!

 

調べてみると、田んぼや畑に菜の花が植えられている理由の一つとして、肥料の役割と

いったものがありました。

菜の花は見て楽しむだけでなく、実はコメ作りにも役立つ花なのだそうです。

田植えをする前に、土に菜の花やレンゲをすきこむ(耕して混ぜ込む)と、茎や根が肥料

となって稲(米の)の成長を促す栄養になります。稲の肥料としての役目を果たしてくれ

る為、積極的に菜の花を植える(種をまく)場合があります。との事でした。

菜の花とコメ作りにそんな関係があったとは、思ってもみませんでした!!

今しか見られない光景を見に、館山まで足をのばしてみてはいかがでしょうか♪

菜の花2  

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。